インフォメーション

「ランチア ランチ 2010」リポート

「ランチア ランチ 2010」リポート

Date:2010年11月6日(土)・7(日)
Place:静岡県裾野市 テイジン富士教育研修所
主催:ランチア クラブ ジャパン 
http://www.lanciaclub.jp/

年に一度、日本中の新旧ランチアが集まる恒例のイベント「ランチア ランチ」が2010年11月6日(土)・7日(日)の両日、静岡県裾野市で行われました。今回はランチア輸入元のガレーヂ伊太利屋さんからお誘いを受け、渡辺自動車の小路と生川(せいかわ)のイタ車好きコンビが参加してまいりました。

会場には1950年代から現代に至るまで、新旧ランチアが勢ぞろい。なかには初めて見るモデルもあり、ランチアの歴史に触れる有意義な一日となりました。

戦後ランチアの珠玉と言われる「アウレリア GT」(1950-58年)。弊社お客様所有の一台。

「アウレリア スパイダー」(1954-58年)。これはフロントシールドがラウンドタイプではなく、三角窓を備えたコンバーチブルタイプ。

スポーティでエレガントな、いかにもランチアらしいアウレリア スパイダーの内装。

「フラミニア スポルト」(1959-64年)。上級FRモデルのフラミニアに、ザガート製ボディを与えたクーペ。ライトカバー付の初期モデルです。

フラミニア スポルトの上品な後ろ姿。ザガートらしく、ルーフ中央はしっかり凹状のダブルバブルルーフです。

「フラミニア スペル スポルト(Super Sport)」(1964-67年)。最もスポーティで高性能なフラミニア。

「フルヴィア クーペ」(奧、1965-76年)と、ザガート製ボディの「フルヴィア スポルト」(1965-72年)。いずれもV型4気筒の前輪駆動車で、前者はラリーで活躍しました。

「ストラトス」(1974-75年)。デザインはベルトーネの奇才マルチェロ・ガンディーニが手掛けました。エンジンはフェラーリ・ディノ246譲りのV6です。

ストラトスはスーパーカーというより生粋のラリーマシン。WRC(世界ラリー選手権)で飛び抜けた運動性能を見せつけました。

「ベータ トレヴィ」(1980-84年)。ベータシリーズの高級セダンで、写真は2リッター直4スーパーチャージャー付の「VX」。

「ガンマ クーペ」(1976-84年)。4ドアセダンのガンマがベースで、ボディはピニンファリーナ製。

ガンマは水平対向4気筒のFFで、写真のモデルは2.5L 4気筒のインジェクション仕様のようです。

4台ずらりと並ぶのは「(ベータ)モンテカルロ」(1975-84年)。直4をミッドシップ横置する2人乗りクーペ。

伝説のマシン「ランチア・ラリー037」(1982-85年)。2リッター直4スーパーチャージャーエンジンを搭載するミッドシップ2WDモデル。グループB初期のWRCではマルティニカラーをまとい、4WDのアウディ クワトロを相手に大活躍。1983年にメーカータイトルを獲得しました。

037ラリーのベースは一応モンテカルロですが、アウターパネルはFRP(ピニンファリーナ製)、前後シャシーは鋼管フレーム製で、エンジンは縦置になります。

グループB最後のモンスター「デルタS4」(1985-86年)。ターボ&スーパーチャージャーを備えたミッドシップ4WD。

ご存じ「デルタHF インテグラーレ」(1986-95年)。トヨタ・セリカGT-FOURを相手に、グループA時代のWRCでメーカータイトル6連覇(1987年~1992年)を達成しました。

もう一枚デルタHF。リアスポイラーを垂直に立てるのは、当時のWRCマシンと同じ。とにかく速くて、カッコ良かった。

「ハイエナ ザガート」(1992年)。デルタインテグラーレをベースにザガート製のアルミボディを載せた超希少モデル。

ハイエナ ザガートは珍しいのでもう一枚。生産台数は数十台とかなり少ないようです。

最後は富士山をバックに、初代イプシロンと新型デルタの2ショット。

Factory / Showroom

本社サービス工場

TEL 052-872-3811 / FAX 052-872-3814
〒466-0058
愛知県名古屋市昭和区白金3-1-9
定休日 火曜日

シトロエン名古屋中央

TEL 052-269-2661 / FAX 052-252-0072
〒460-0012
名古屋市中区千代田5-11-35
日本ハウスHD名古屋ビル1F
定休日 火・水曜日

シトロエン名古屋中央
アプルーブドサイト

TEL 052-269-2661 / FAX 052-261-1712
〒460-0012
名古屋市中区千代田5-13-43
定休日 火・水曜日

Recruit

クルマを通して、お客様の夢をかなえる。
そんな仕事を一緒にやりませんか。

募集要項