インフォメーション

シトロエン・ミュージアム&シトロエン・スポール訪問記

2003年2月のとある3日間、シトロエン名古屋中央の私、加藤が、シトロエン本社を訪問してきました。

これはシトロエンの招待によるもので、一緒に行ったのは全国のディーラー・スタッフ総勢11名。
BXから現在のC5まで、シトロエンをこよなく愛する私にとっては、まさに夢のようなツアーです。

パリに到着した翌日から、シトロエン・スポールや本社を見学。
しかし私にとって今回最大のイベントは、ドゴール空港近くのシトロエン・ミュージアム訪問でした。
ここは某自動車誌でも最近紹介されていますが、残念ながら一般非公開。
歴代のシトロエン車はもちろん、普通だったらお目にかかれない歴代の試作車やショーモデル、往年のラリーカーなどが所狭しと、しかしかなり無造作に並べられた倉庫のようなところなのです。
ファン(と私)にとっては興奮でヨダレが止まらなくなっちゃうような場所なのです。

最近、倉庫の屋根裏から発見されたという2CVの試作車。半分ミイラ化していますが、それゆえオーラが

本社ショールーム。左は欧州でルノー カングーのライバルとなるシトロエン ベルリンゴ(マイチェン版)。右はC3の「ドルチェ&ガッバーナ」仕様。

C3やプリュリエルの最新コンセプトカーが中古車展示場みたいにギチギチに並べられてます…

こ、これはおそらくBXのプロト? 2ドアはなかったはずだけど…。クォーターの処理がなるほどガンディーニ

パリダカなどのラリーレイド用ZX。それにしても、たくさんあります。

BXのラリーカーの群れ。有名なDSベースやSMベース、ビザ・ベースなど、あるわあるわ

シトロエン・スポールのショールーム。一台いかがですか~て感じで、モータースポーツ用完成車が売られています。

シトロエン・スポールのトランスポーター。こいつに乗ってクサラWRCが世界各国を回るわけですね。

地下鉄の「ジャベル・アンドレ・シトロエン駅」。日本でJAVELと言えば、東京の某ショップのことですが、由来は元シトロエン工場のあった地名なんですね。言うなればフェラーリにとってのマラネロ。シトロエン・ファンにとっての聖地です。

ジャベル近くの「ビストロ・ド・アンドレ」。シトロエングッズ一杯の軽食堂です。アンドレもよく来たんでしょうか?

ジャベルにある「アンドレ・シトロエン公園」にて

シトロエンのパトカー。日本ではあり得ないですね。

という感じで、慌ただしく過ごした3日間。
特にミュージアムに関しては滞在時間が短く、じっくり見ることが出来なくて残念でした。
出来ればもう一度訪れてみたいです。

Factory / Showroom

本社サービス工場

TEL 052-872-3811 / FAX 052-872-3814
〒466-0058
愛知県名古屋市昭和区白金3-1-9
定休日 火曜日

シトロエン名古屋中央

TEL 052-269-2661 / FAX 052-252-0072
〒460-0012
名古屋市中区千代田5-11-35
日本ハウスHD名古屋ビル1F
定休日 火・水曜日

シトロエン名古屋中央
アプルーブドサイト

TEL 052-269-2661 / FAX 052-261-1712
〒460-0012
名古屋市中区千代田5-13-43
定休日 火・水曜日

Recruit

クルマを通して、お客様の夢をかなえる。
そんな仕事を一緒にやりませんか。

募集要項